生きづらさを感じる、嫌なクセをやめたい、改善しない身体の症状ならメンタルサポートKへ

セミナー・講座

  • HOME »
  • セミナー・講座

【事業所向け】
(クリックすると詳細へ移動します)

離職率改善プログラム

一般の方向け

○不安・イライラ・モヤモヤ解消セミナー

日ごろの生活の中でなかなか思うようにスッキリしない状態や、感じている不安などを解消すべく、心の理屈と処理方法を身につけていくセミナーです。
不安に駆られる時の心の状態や、普段感じているスッキリとしない感情など、心の在り方の理解を深めた後、抱えている不安を軽減していく方法を実際に体験していただく
内容となっています。
1回3名から開催しています。

○今日から使えるコミュニケーション講座(大人編)

人格適応論に基づく、相互理解を深める研修です。
チェックテストを用い自分のタイプや特徴を理解し、自分のストレスを軽減しながら、他者とのコミュニケーションを改善していく方法を学んでいきます。
ご家族をはじめ、ご自身の心地よい人間関係作りに活用して戴ける内容です。

○子どもと笑顔で過ごすためのプログラム

「子どもと笑顔で過ごすためのプログラム」は、2015年より、養育者支援プログラムとしてメンタルサポート研究所グループのメンタルサポートライン・千葉にて実施しております。このプログラムでは、交流分析に基づいた心の仕組みや「子ども適応論」の理解によって、子どもとのより良い接し方を学び、母性・父性の役割では、子どもの成長過程に沿った関わり方やしつけについて学びます。

また、子どもとの暮らしの中では、さまざまな出来事から、不快な感情を子どもにぶつけてしまいそうになる場面があります。不快な感情をコントロールする方法「感情処理法」を理論と実践で身につけます。

 同内容をメンタルサポートKにて展開することで、地元熊本で多くの子どもに関わる方々にご提供してまいりたいと思います。

子どもの笑顔は、大人を和ませ、癒し、励ましてくれることがあります。

子どもの笑顔を大人が守るためにではなく、学びを通して、子どもと自然に笑顔で過ごしている。そんな時間が増えるようなプログラムを作りました。子どもに関わるすべての人を対象としています。

○親育ち講座(長崎女子短期大学 保護者支援・教育研究所認定)

妊娠中・子育て中のお母さんやお父さんに保育・教育・福祉・保健・心理・医学など様々な専門的観点から情報提供をし、全10コマのプログラムから保護者が本当の意味での『親』になるための支援を行っていきます。

 プログラム 1コマ45分
1 子どものしあわせづくりのために
2 愛着ってなあに?
3 おなかの中の赤ちゃん
4 乳児との関わり
5 乳幼児期の教育
6 一緒に遊びましょう
7 愛着と友だちづくり
8 子ども・子育てを支える様々なしくみ
9 親子のコミュニケーションについて
10 親子のコミュニケーションについて

親育ち講座

○心理カウンセリング力(りょく)養成基礎講座

実践力のあるカウンセラーを養成することを目的としています。
福岡大学名誉教授/日本交流分析学会名誉理事長であり、日本の心理臨床の第一人者である杉田峰康先生の監修を得たカリキュラムを使用します。
感情に焦点をあてたインナーチェンジングセラピーは、メンタルサポート研究所代表の倉成央先生(学術博士)が多くの臨床例から日本人の特性に合わせて完成させました。

終了すると…
一般社団法人メンタルヘルス協会「心理カウンセラー初級」の資格取得を申請できます。

平成30年冬開催予定
準備中

心理カウンセリング力(りょく)養成基礎講座イメージ心理カウンセリング力(りょく)養成基礎講座イメージ

事業所様向け

○離職率改善プログラム

現在事業所を運営されている方々にとって、現在の少子化問題はこれからの企業運営にとって大きな問題の一つになるのではないかと思います。
私ども、メンタルサポートKでは事業所様で現在働かれている大切な従業員様の離職率を減らすことを目的とした「離職率改善プログラム」をご用意いたしました。
プログラムでは代表者様や幹部の方々、新入社員まで皆が現在どのような関わり方をしているのか。関わり方や対応によって、各々が快適で居るコミュニケーション手法の確立と、日々のストレスケア法を学び実践することで、例えば時間と手間と経費を使って育てている従業員の退職者・離職者の減少とともに、事業所全体の活力向上を目的としております。
このプログラムでは、心理学理論である交流分析の基本をやさしく学ぶとともに、感情処理法を用いて実践的なストレスケア法を学ぶプログラムに人格適応論に基づく情況コミュニケーション研修を組み合わせることで、

  • チェックテストを用い自分のタイプや特徴を理解する
  • 自分のストレスを軽減しながら、他者とのコミュニケーションを改善していく方法を学ぶ。
  • その場でできるストレス解消法を実践。

プログラムを学び実践していくことで日々の仕事や生活でのストレスの軽減を図り、企業全体の活力向上と業績アップが期待できます。

PAGETOP