こんにちは。メンタルサポートKの池永です。

昨日、自分を見つめ、気づくこと、向き合うことというタイトルでブログを書きました。

その続きというか、その先にあるようなことを本日は書いてみようと思います。

先日、少し聞きたいことがあって私が所属しているメンタルサポート研究所グループの仲間に電話をしました。

聞きたいことを聞いた後、近況報告的な話をしている中で少し足踏みしている部分についての話になりました。

困っていること、足踏みしている内容などなど今ある多くの状況を話しているうちに、それが繰り返されているのか否か、癖のようになっていないか。自分の話としては違和感を感じないが同じ内容をクライアントから聞いた時にも同じように違和感を感じないのか。

誰かに話をする。話しながら聞いてもらいながら、自らの心を見つめ、整理していく。

もし、整理していく中で自分が困っていること、足踏みしている内容が解決可能なことだと分かればそこに向き合う準備をする。

私たちカウンセラーは各々が持っている問題によってクライアントの進む方向を邪魔しないためにもカウンセリングを受けます。(変な影響を与えないため)

昨日話した仲間も当然これまでカウンセリングを受けてきているのだろうと思います。

自らを変えたい。変わりたい。

そう思える時こそ、準備ができた時なのではないか。と思います。

その仲間が向き合うと決め、進んだその先で(不必要なものを手放し)求めているものを手に入れ、今にも増してステキな人になるんじゃないかと一人でワクワクしちゃってます。

誰かに心の内を話す。(受容、共感できる人がいいですね)

話すことで自分の心を見つめ、気づき、整理が進んでいく。

整理が進むことで、問題に向き合いやすくなる。

あなたが変えたい何か。あなたが晴れやかな気分を手に入れていくために。

心理カウンセリングを活用しませんか。

ご気軽にご連絡くださいませ。