こんにちは。

メンタルサポートKの池永です。

今日は、妊娠・出産に伴う体調と気分について書きたいと思います。

女性の一生のうちで妊娠中や出産後は、体調の変化や気分の落ち込み、または抑うつ症状などが起こりやすい時期です。

その結果として子育てに自信がなくなり、お子さんも可愛く思えず「自分は母親失格」などと考える方もおいでではないでしょうか。

厚労省のサイトには以下のような記述があります。

妊娠中・産後のうつ病を引き起こしている要素として、この時期は何かとストレスが多い上に、周囲のサポートが不十分な状況が重なっている場合が考えられます。しかも妊娠・出産に伴う女性ホルモンの大きな変化は脳がストレスに耐える抵抗力を低下させます。その結果ストレスを処理しきれなくなった脳が機能不全を起こし、ものごとを悪くとらえる傾向が強く出てしまいます。

この状態に妊産婦の方がおちいると「母なら、あれもこれもやらねばならない」と考え、ますます無理な計画を立てたり、「育児は私がやらねばならない」と一人で抱え込むなど、悪循環が生じます。この悪循環におちいった状態こそうつ病なのです。

出産後、「将来の子育てに自信が持てない」「待ち望んでいた赤ちゃんの世話なのに、つい面倒に思えてしまう」「赤ちゃんが可愛く思えない」と感じ、「自分は母親失格だ」といった自分を責める気持ちが起こるかたもいらっしゃいます。

生活の中では、睡眠も十分にとれず、食欲まで落ち、元気がなくなってるなんて方も。

自分を責める気持ちが強くなっていくと「母親失格の自分など、この世にいても仕方ない」などというつらい考えに繋がることもあります。

夫や周りの知人や親世代に相談出来たとしても、「みんなそうでしょ?」とか「我慢が足りない」などと言われたりすると余計落ち込みが激しくなったり、自身を責めてしまったりします。

妊産婦の方で、気分が落ち着かない。家のことが出来なくなっている。なんだかイライラが増えてるなど、お困りのことがございましたら、どうぞメンタルサポートKにご連絡ください。

命を産み、育むというとても大切で素晴らしい存在の妊産婦の方々のストレス軽減、心の安定をお手伝いします。

あ、もちろん、夫へのグチとかも大歓迎です。

どうか、ご自身だけで抱え込まないようにしていただきたいと思います。